軟骨ピアスって痛い?

軟骨ピアスって痛い?

軟骨ピアスとは、耳たぶ以外の耳の突起した部分に開けるピアスのことです。耳たぶ以外は軟骨でできているため、軟骨ピアスと呼ばれているそうです。軟骨に穴を開けるなんて想像するだけで痛そうですが、本当に痛いものなのでしょうか?耳たぶに使用するピアッサーではなく、ピアッシング・ニードルという専用の器具を使って穴を開けるのですが、これがかなりの激痛だそうです。その後にも、ピアスホールが完成するまでは寝返りを打つだけで激しい痛みを感じたり、洋服の着脱時や洗髪の時に耳に触れると痛みが生じたりするそうです。個人差はありますが、大体1~2週間くらいは痛みに耐えながら生活を続けなくてはならないようです。

男のピアスは女子から見たらかっこいいの?

上質な睡眠の条件とは?

上質な睡眠の条件とは?

上質な睡眠の条件は色々ありますが、段々と暗くなる照明があると睡眠ホルモンが高まります。お部屋のインテリアの一部としても良いデザインの照度が切り替えられる照明も多く出回っていますので、おススメします。さらに温度と湿度も肝心です。人が快適に眠る為には室温は26℃以下、湿度は50%位が適しているといわれています。特に夏場はエアコンを高め温度に設定して我慢するのは良質な睡眠には逆効果だということで、自分の快適温度で眠るようにするように推奨されはじめています。

睡眠時によく夢を見る人は夢占いや夢診断をしてみよう!本当に当たるのか?

ピアスホールが閉じた場合の対処法

ピアスホールが閉じた場合の対処法

せっかく開けたピアスホールなのに、しばらくピアスを外していると、穴がふさがってしまうことがあります。そんな時の対処法ですが、まずはピアスの針の先端の部分に丸みがあるものを用意し、ピアスの針の部分にオロナインやワセリンなどの油分を含んだものを塗って滑りを良くし、ゆっくりとピアスホールに刺していきます。表から刺しても入らない場合は、裏から刺してみると入ることがあります。この時に耳たぶを引っ張りながらやるとピアスが入りやすくなりますが、痛みが酷い場合は絶対に無理をしないで下さい。完全に穴がふさがってしまった場合は、自分で対処するのは難しいので、病院で再び開けてもらった方がいいでしょう。

寝る前にしてはいけないこと

寝る前にしてはいけないこと

寝る前にしてはいけない事は、飲酒をすることです。飲酒してすぐに寝ると胃にはいったばかりのお酒と胃液が食道に戻り逆流性食道炎になりやすくなります。アルコールと胃液が食道の粘膜を刺激して表面をさらさせます。そのことが日常化すると食道表面がさらに荒れて痛みを発するようになります。できれば飲酒は寝る前の2時間以前に終わらせることが有用です。飲酒と同時の間食も胃液を逆流させる可能性があるので寝る直前の飲食は避けた方が良いです。

寝ながらダイエット♡話題のキュレッグのヒミツと効果は…?

ピアスを開けようか迷っている方へ

ピアスを開けようか迷っている方へ

おしゃれなアクセサリーを付けるために、ピアスを開けている人は少なくありません。しかし、初めて穴を開ける場合は様々な不安で迷っている人もいます。穴を開ける際には、いくつか気をつけることがあります。耳に開ける場合は、耳たぶのあつさを調べておきましょう。耳たぶのあつさによっては、穴を開けても装着できるピアスの種類に限りがでてきてしまいます。また、事前に金属アレルギーがないかも調べておきましょう。開けた後に、慌てないよう事前に調べておくと安心です。