ピアスを開けることのリスクは?

ピアスを開けることのリスクは?

ファッションとしてピアスをつけている方は珍しくないため、それほど危険な行為ではないと考えている方も多いでしょう。しかしピアスを開けるということは体に傷をつけることと同じであり、様々なリスクが存在します。

特に自宅でピアスを開けた場合、消毒などが十分にできていないために炎症や感染症を引き起こすケースも少なくありません。

また開ける位置や大きさ、処理の仕方によってはケロイドになってしまったり穴が広がってそのまま切れてしまったりと、お洒落するどころかかえって見た目を損なう可能性もあります。

衛生面に気をつけることが大切ですが、不安であれば病院などで開けてもらうこともできるので、リスクをしっかり把握した上でピアスを楽しむようにしましょう。

ピアスは一度開けたら完全には戻らない?

ピアスは一度開けたら完全には戻らない?

ピアスの穴をあけたら、まずは穴が安定するまでしばらくピアスを付け続けなければなりません。消毒をしながら穴が安定するのを待ち、その後好きな物を付けることができるようになります。

では一度開けたらピアス穴は戻らないのでしょうか?それは、穴をあけてからの期間によります。

完全に安定する前にピアスを取ってしまったり、あけてそれほど経っていないのに長い間ピアスをせずにいると、ふさがる可能性が高いです。これは年齢にもよると言われています。

若いうちは細胞分裂が活発なため、穴がふさがりやすいと言われています。穴をあけてから十分に時間がたっている穴はなかなかふさがりません。

その間に年齢が上がっていることも、ふさがらない原因の一つかもしれません。

男性はピアスを開けない方がいい?

男性はピアスを開けない方がいい?

近年は自己表現やお洒落のアイテムとしてピアスを開ける男性が増えています。ピアスを開ける男性について、世間や女性はどのように見ているのでしょうか。

評価は「お洒落」「似合っていればOK」「自分を表現していて素敵だと思う」など肯定的な意見がある一方、「チャラい」「子供っぽい」「サラリーマンが開けていたら引く」といった厳しい声も。

女性の見方を総合すると、学生など若いうちやミュージシャン、アーティストなど自己表現を仕事にしている人ならOKですが、会社勤めをしている男性が開けるのはNGというのが大方の意見のようです。

就活においては、銀行のようにピアスがはっきりと禁止されている業種があり、そのような規定はなくても人事担当者に与える印象は決して良くないというのが世の中の一般的な見方のようです。