ピアスホールが閉じる原因は?

ピアスホールが閉じる原因は?

ピアスホールを開けても、開けた当初は穴がふさがって閉じることは珍しくありません。その原因はまだピアスホールが完成していないことにあります。

完成していない穴の中で皮膚が再生し、次にピアスをしようとすると穴がふさがってしまっているので出来ない、という状態になりやすいです。

とはいえ、そこでピアスをするのをやめてしまうと再生した皮膚がさらに厚くなってしまい、再びピアスホールを開けないといけない羽目になってしまいます。

皮膚が薄く張っている段階でピアスをしてしまうようにすると、穴が閉じていってしまうのを防ぐことができます。また、年齢と共に皮膚の再生能力も衰えてくるので、ピアスホールもふさがりにくくなってくるでしょう。

ピアスホールのしこりは危険?

ピアスホールのしこりは危険?

ピアスホールを開けた後に、しこりが出来たという経験はありませんか?

しこりが出来るなんて何か危険な症状のように思われますが、自然に消えるタイプのしこりならそのまま放置していても問題ありません。

でも中には自然に消えないものもあり、これは粉瘤という良性腫瘍になります。

良性の腫瘍なので、すぐに治療が必要な危険なものではありませんが、しこりがどんどん大きくなってきた場合はすぐに治療を受けるようにしましょう。

その他にも肉芽という腫瘍がありますが、こちらは炎症性の腫瘍でピアスを変えることで症状が治まることがあります。

お肌に優しい樹脂タイプのピアスにしたり、重たいピアスなどは負担が大きいので注意しましょう。

それでもしこりが消えない場合は、やはり医療機関で治療を受けましょう。

ピアスホールが閉じたらどうするべき?

ピアスホールが閉じたらどうするべき?

長い期間ピアスを着けていないと、ピアスホールが閉じてしまう場合があります。

閉じたら一度先端部分が丸く針が細いピアスを入れてみるとよいでしょう。

一見すると完全にふさがっているように見えても、実は中はまだふさがっていない場合もあります。

このときには、潤滑油代わりに消毒液やオイルを塗ってから入れるようにすると、貫通させることができます。

ただ、無理に遠そうと思うと、かなりの痛みを伴ってしまいますから、様子を見ながらチャレンジしてみましょう。

どうしても自分で開けるのに抵抗があるという場合には、病院で開けてもらうとよいでしょう。

自分で開けるよりもお金がかかってしまいますが、衛生的ですし、確実に開けることができます。